読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な

おもろい上にかっこいい最高で最強

死ぬほどすきだよ



どうしても言いづらいことって色々あると思う。


好きも、嫌いも、いくらネットが大海だからと言って何も考えずおいそれと流せるわけではなくって。(まあいつだって深く考えずにパーーーーッッと大放出してるんですけど。今回もするけど。)



個人的には、


関ジャニ∞のバンドが死ぬほど好き!


っていう意見もそういうものの1つだった。



確かにジャニーズなんだから歌って踊って最高にかっこいい関ジャニ∞を求めるのがジャニオタとして(?)あるべき姿なのだというのは分かってたけれど、もともとJ-ROCK好きで、エイトさんのDVDもJBのバンドもろもろやら、fightコンの宇宙に行ったライオンやらでそのかっこよさと男らしさと切なさと迫力にやられたクチなわけで。

もうどうしても関ジャニ∞がするバンドってものから逃れられなくて、どうしても彼らが全身でやってるバンド活動をじっと見続けていたいと思ってるわけなんだけども、なんかそれを言い出しづらい雰囲気ってやっぱりあったよね。



それからなにより、村上さんが関ジャニ∞で行うバンド、関ジャニ∞として関わるバンドってものに一体どれくらいの熱量とどれくらいの気持ちを傾けてるのかが私にはイマイチつかめてなかった。だからこっちもどれくらいバンド活動について口にしていいものか計りかねてた、っていうのが関ジャニ∞のバンドに対して口が開きにくかった理由かなあ。

なんとなくだけど。




でも、今日の通信で、村上くんの口から関ジャニ∞としてバンドをやっていたからこそ、大物アーティストの方との自分のピアノとのコラボができた。って趣旨の言葉を聞けた。(記憶のみで打ってるので多分いつも以上に超意訳)


関ジャニ∞としてバンドをやっている、ということがグループにとっても村上くんにとってもプラスになってるって、村上くんグループでのバンド活動(きっと多分)好きだと思ってるって、思えたこと感じられたことがほんとにほんとに嬉しいなあ、と思ったのです。



この、きっと多くの人にとっては取るに足らなかったであろう数秒の言葉によって、私の中にある関ジャニ∞のバンドを求める気持ちは救われたし、もっともっと口にしていこうって思えた。


大げさだけど、私は関ジャニ∞のバンド活動を口にすることを許されたんだろうな。




なので村上さんに免じて許してください。


関ジャニ∞のバンド死ぬほど好きだよ!!!!もっとやってくれ!!!!!!!!